スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採りにくい成分をしっかり補う。カルニチン

加齢や食事内容により不足しがちな成分です。 朝、昼、夜など、数回に分けてとるのがおすすめです。

最近L-カルニチンをよく耳にするのでネットで調べてみようという方のために書きとめておこう。海外ではL-カルニチンの研究が盛んに行われていて、いずれ日本にも大きな波がくるであろう。L-カルニチンに関するウェブサイトはアメリカでは非常に充実している。ご存知の通り、欧米は日本よりはるかに健康問題に関心が高いのだ。すでにL-カルニチン濃縮技術も確立しており、大手が次々と参入を進めている。しかし、日本でのL-カルニチンの認知度はまだまだ低いだろう。そもそも専門の研究機関はサプリメントなどを蔑視する傾向があるので仕方のないところだ。しかし専門家の中にはすでに、有効成分の効能に注目し、推奨している人も出ている。L-カルニチンには酸化還元作用がある。これが人体にとって有害な活性酸素の除去をはじめ、様々な作用をしているのだ。L-カルニチンにはまだまだ隠された効能があるらしく、期待できそうだ。しかしL-カルニチンはごく微量しか抽出できず、希少価値が非常に高い。

あなたの明日の健康のためにカルニチンがあります。

スポンサーサイト
多様な用途に対応するアミノ酸

スポーツなどでウェイトコントロールが必要な選手のためのスポーツなどでウェイトコントロールが必要な選手のためのアミノ酸。細かい対応商品がいっぱいですね。

アミノ酸・・・なんだそれ、という方もいるかと思う。アミノ酸は日本ではマイナーであるが、海外ではすでに多くの人が知るものとなっている。海の向こうではアミノ酸に関する情報は盛りだくさんだ。アメリカ・ヨーロッパは日本の5年先を行く健康大国である。早くもアミノ酸を商品化している会社も多数見られる。であるが、日本国内のアミノ酸に関する情報はまだ散見される程度である。医学会などではサプリメントに対し否定的な見解を取ることが多いので取り組みが進まないのだ。だが、医療関係者の中にも有効成分の確かな効果に肯定的な立場をとる声が上がっている。アミノ酸のひとつの特徴として、酸化還元能力というものがある。これはガンや遺伝病の原因であるいわゆる活性酸素を細胞膜から除去する機能があるらしい。今後様々な研究機関から、更なるアミノ酸の効能が発見されることであろう。ところがアミノ酸は大量精製しにくいものなので、入手が難しいものである。

お読みいただきありがとうございます。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。